ねむりのレシピ

寝起きのつらさが1分で飛ぶ!「魚のポーズ」

2013年 6月 19日

朝、スッキリと目が覚めない。何度スヌーズボタンを押しても、まだまだ眠り足りない……。

そんな「つらい朝」を吹き飛ばすには、体を刺激する運動が一番。といっても、激しい動きをする必要ありません。効率的に、ピンポイントで体を刺激すれば体は目覚めてきます。

そんなときに役立つのが、簡単なヨガのポーズ。目覚めたばかりの布団の中で、「魚のポーズ」をとってみましょう。

sakana_pose

①両足を揃えて伸ばし、手の甲を上・手のひらを下にした状態で、お尻の下に差し入れます。

②ひじを曲げ、胸を突き上げるようにしながらゆっくりと上体を反らしていきます。頭のてっぺんを床に付け、3回深呼吸します。

深呼吸が終わったら、ゆっくり体をもとに戻します。たった一分足らずの運動で、頭がハッキリしてくるのが実感できるでしょう。

この動きは、首を反らすことによって頚椎(首の骨)をほどよく刺激し、脳の動きを活発にする効果があります。上体を動かすことで血流も促進され、体全体がスッキリ目覚めてくるのです。

監修者プロフィール

小林邦之 パーソナルトレーナー 均整術師
小林邦之先生profile高校時代、モトクロスのレースで重症を負い、そのリハビリテーションとしてウェイトトレーニングを実践したのがトレーニングをはじめたきっかけとなる。その後アメリカでパーソナルフィットネストレーニングに出会い、たくさんの指導者からトレーニングの実践的な技法を習得し、姿勢保健均整専門学校(現・東都リハビリテーション学院)では身体均整術を学ぶ。1986年から、当時まだ日本ではなじみの薄かったパーソナルフィットネストレーナーとして活動を開始。身体の歪みを正す独自の手法を取り入れてトレーニングプログラムを設計し、現在横浜、東京を中心に個人や学校・企業などで指導・施術を行なう。パーソナルトレーナー歴27年(2013年現在)。

ねむりのレシピ

ねむりラボ Facebook

omron_banner-01nemuri_side

ページトップへ